おすすめお洗顔石鹸がココにあります|しっとりとする美肌

このエントリーをはてなブックマークに追加

潤いを保つには

肌ケア用品

現在は敏感肌の人が多くなっていると言われていて、特に若い女性の方は全体の70パーセントが敏感肌による症状に悩まされているとされています。皮膚はセラミドと呼ばれている皮脂と水分とのバランスによって外部の刺激から守るバリア機能が働いているのですが、敏感肌の人はこの皮脂であるセラミド自体が少ないという特徴があります。セラミドが少なくなると肌の水分が奪われ、乾燥します。肌が乾燥しているのも敏感肌の大きな特徴です。こうしてセラミドの減少によって水分が奪われることで肌自体のバリア機能も失われます。バリア機能が少なくなると外部からの刺激などが肌の奥に届きやすくなります。それが原因で敏感肌の人はちょっとした刺激物に反応するのです。

敏感肌は皮膚の皮脂であるセラミドが減少し、水分が奪われることによって引き起こされる症状です。子の事を理解すれば化粧品などによって敏感肌を改善することが可能です。敏感肌を改善させるには減少したセラミドを補充してあげることと、保湿によって肌の潤いを保つことの二つがとても大切です。入浴時は皮脂が奪われやすくなっています。特にただでさえ皮脂が少なくなっている敏感肌の人にとって入浴後の保湿は必須と言ってよいでしょう。入浴後は保湿液を体全体に馴染ませるように塗っていきます。コットンは刺激になるので、自分の手で塗るようにしましょう。保湿液を塗ったら仕上げに保湿クリームも同じように身体全体に塗ることで更に潤いを保つことが出来ます。